読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

筋トレ野郎

モテボディを目指して筋トレを始めて1年半が経過。日を追うごとに成果が現れてきた。

筋トレを一度やめてブランクが空いても、過去のトレーニングは無駄にならない

筋トレの常識・非常識

意を決して筋トレを始めても、3ヶ月とか半年とかでやめてしまったり、挫折してしまう人もきっと多いと思う。

やっぱり長く継続して続けるのは何事もむずかしい。

とくに筋トレは、なかなか思うように成果が出なかったり、仕事が忙しくなってジムに通う時間が取れなくなってしまったり、そういったさまざまな理由や事情でやめてしまうんだと思う。

 

でも、ある日鏡で見た自分の体型に嫌気が差したり、もっとモテたいなと思ったり、そんなふとしたキッカケでまた再開しようという人もいるだろう。

 

僕も、一度やめてしまった筋トレだが、昨年からまた再開した。

 

そうなったときに気になるのが、

 

昔、筋トレやってたんだけど、それってすべてリセットされてしまったのか?

せっかくがんばって筋トレしていたのに、またゼロからのスタートなのか?

 

ということだ。

 

長い間、トレーニングしていなくて、とくに運動なんかもしていなければ、当然、筋肉は衰えている。これは自分でも実感していることだろう。

 

ところが、筋肉細胞は、過去に筋トレしたことを記憶しているんだ。

 

マッスルメモリー

 

なんと素晴らしいことだろう。

たとえブランクがあっても、また短期間のあいだに、筋肉サイズを元どおりに戻す機能がある。それが、マッスルメモリーと呼ばれるものだ。

 

筋トレにより、筋繊維が破壊され、細胞核が分裂し、増殖する。こうして、筋繊維の核数が増えていくため、筋肉は肥大していく。

筋トレによっていったん増えた細胞核数は、その数自体は残ったままなので、また刺激を入れることによって再び回復する

 

これが筋繊維の記憶力だ。マッスルメモリーだ。

すげーな、筋肉って。。。

 

ということはだ。

 

いままでに鍛えた資産を無駄にすることなく、いくらでも再チャレンジできる。

7面までクリアしていたスーパーマリオを、また5面から再開するような感覚だ。

べつにまた1面からやり直さなくったっていいんだ。

 

僕自身も、筋トレを再開してから、たしかに昔の筋肉サイズに戻るのが早かった。それほど時間を要せずにブランクを克服できていたんだ。

 

これって、すごくないか?

中途半端にやめてしまったとしても、やったことはほとんど無駄になっていないってことだ。自分の筋肉は、昔のことを忘れてなんかいないんだよ。

 

いつだって、筋トレは再開できるんだ。

 

パーソナルトレーニングジム【24/7 ワークアウト】