読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

筋トレ野郎

モテボディを目指して筋トレを始めて1年半が経過。日を追うごとに成果が現れてきた。

運動(筋トレ)を始めるベストタイミングは秋、その理由

筋トレ効果

食欲の秋。いよいよそんな季節がやってきた。

秋といえば食。秋の味覚。

秋刀魚や鮭などの魚類、梨や柿、林檎などの果物類、カボチャやサツマイモなどの野菜類、栗や松茸、そして新米 etc...

とにかく美味しい食べものにあふれている季節が、そう、秋だ。

ということは、食欲も上がる一方。もううなぎ登り。とどまることを知らない。

そうなると、デブまっしぐらだ。これは誰しもが避けられない事実だろう。

まあ、仕方ない。だって美味しいんだもん。美味しいものを食べているとき、そりゃあ誰だって幸せだ。こんなに幸せなことはない。僕らは幸せになるために生きているんだ。

 

f:id:aksd55:20161013011911j:plain

出所:Colours of Autumn | I spent an overcast Sunday wandering aro… | Flickr

 

ただ、この秋というシーズン。

食欲の秋でもあるが、スポーツの秋とも呼ばれている。運動の秋

クッソ暑いジメジメとした夏がやっと終わり、カラッとして一年を通してもっとも快適に過ごせるのが10月であり、秋というシーズンだ。

言うまでもないことだが、やはりスポーツや運動をしやすい気候なわけで、街中や公園でランニングやウォーキングをしている人をよく見かけるようにもなる。老若男女問わず。

 

で、なにが言いたいかと言うと、食欲の秋でインプットが跳ね上がるのなら、運動をしてアウトプットも上げていこうよ、ということだ。

筋トレを始めるタイミングをうかがっていた人も多いだろう。やろうやろうとは思っていたけど、やりたいとは考えていたけど、なかなか一歩を踏み出せなかった人、仕事だ、遊びだと、いろいろできない言い訳を並べていた人もたくさんいるだろう。

 

これはある意味、たるんだ脂肪MAXのカラダを肉体改造するチャンスだし、ボディメイクをする絶好の機会だ。

このタイミングを逃すと、おそらく年内にはもう始めないだろうし、年をまたいで真冬にもなればなおさらスポーツジムになんて行こうというモチベーションにならないだろう。まあ春先まではスタートできないこと確定だ。新年度になれば、周りの環境や人間関係が様変わりして浮き足立ち、筋トレどころではないかもしれない。そうこうしているうちに、ジメジメとしたクッソ暑い夏がやってきて、ダラダラと汗をかきながら筋トレに励もうなんて思わないだろう。

 

だからこそ、今、この秋のベストタイミングを逃すと、また1年後まで動き始めるチャンスはやってこない。大多数の人間は。残念ながら。

 

さらに、この秋に始めるのに合理的な理由がもうひとつある。

これから冬にかけて、人間の基礎代謝はアップする。

体温を維持しなければけないからだ。

気温が下がる秋〜冬は、体温を一定に保つためにそれだけエネルギーを必要とする。つまり、これは基礎代謝が上がるということを意味している。同時に、エネルギーを脂肪として蓄えようという働きも起こるので、脂肪を燃やさなければ単純にデブになる。サルでもわかることだ。

ところが、筋トレでさらにブーストするように基礎代謝を上げれば(筋肉量が増えれば基礎代謝は上がる)、脂肪の蓄積を抑えられるし、太りにくいカラダにもなる

 

 

これから、なにも運動をしなければデブになりやすいシーズンに否が応でも突入する。これは人間として生まれてきた以上、宿命だ。

以上に挙げたふたつの大きな理由から、秋は筋トレを始めるのにベストタイミングと言えるだろう。

 

なにごとも初動がいちばんエネルギーを要するのは世の中の真理。

こと筋トレにいたっては、はじめの一歩が踏み出せると、その報酬システムによって、あとはもう加速度的に楽しくなる。本当だ。

 

だって、醜いカラダはイヤやん?モテたいやん?

 

いつやるか?今でしょ!

(さすがにもう古いな。。。)