読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

筋トレ野郎

モテボディを目指して筋トレを始めて1年半が経過。日を追うごとに成果が現れてきた。

女子たちのあいだにも筋トレブームがやってきた

日本全国にあるスポーツジム・フィットネスクラブの数は、ここ5年間で20%以上増加(2011年の3,745施設 → 2015年の4,661施設)しているらしい。言ってみれば、空前の筋トレブームなわけだ。ニーズがあるからこそ、これだけ供給が増えている。

 

 

ところが、筋トレといえば、マッチョになりたい野郎を想像しがちだが、じつは女子による需要が格段に増加しているようだ。流行りのインスタグラムを見てみれば、そこには美しく引き締まった腹筋や、ボリューム満点のヒップなんかをアップしている女子が大量に発生している。もしかしたら、トレーニング風景などを積極的に投稿しているモデルや芸能人がその火付け役なのかもしれない。

 

中村アンさん然り。

 

すみれさん然り。

 

 

菜々緒さん然り。

 

 

あの有名なゴールドジムも、ウエイトトレーニングだけでなく、なんとヨガのスタジオプログラムまで用意されている女性向けの店舗を、今年2月、南青山にオープンしている。僕の通っているエニタイムフィットネスには、女子なんてほとんど見かけないけど(笑)。

 

彼女たちは、いったいどこをいちばん鍛えたいを思っているのだろうか?

それは、どうやらお尻らしい。キュッと上がった厚みのあるヒップは、女性らしい魅力を一段とアップさせるためだ。大きめのお尻からウエストにかけてのあの綺麗に描かれたくびれのカーブはオトコからみたら、それはそれは美しいかぎりだ。

過去エントリにも書いたが、日本人にいたっては、垂れ下がっただらしのないケツをした女子が多いので(オトコもだが)、「鍛えたい!」というモチベーションに直結するんじゃなかろうか。女性の美の追求には終わりがないのだし。

 


僕の大好きな、ベストボディジャパンのグランプリ受賞者・栗原ジャスティーンさんのすばらしいヒップを見習って、世の女子たちはがんばって筋トレに励んだらいいと思う。もうすぐ楽しい開放的な夏がやってくる。堂々と魅力的な肉体を露出できるようにボディメイクするなら、そう、今しかない。

 

 

Let's WORK OUT!!