読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

筋トレ野郎

モテボディを目指して筋トレを始めて1年半が経過。日を追うごとに成果が現れてきた。

ダイエットメニューとしても超優秀なサラダチキン

栄養・食事

筋トレをしている人間にとって、タンパク質の摂取は至上命題だ。

タンパク質を摂ることに執念を燃やさなければならない。

 

当然、プロテインを毎日欠かさず飲む。

そして、食事も鶏むね肉や牛肉、青魚などを中心にしたメニューだ。

 

ただ、自炊にしろ外食にしろ、そういった食事を毎日続けていくのは、言うほど簡単なことではない。

そして、できるかぎりタンパク質だけを摂りたい(脂肪は必要最低限だけにしたい)のだが、これがとりわけむずかしい。

 

牛ステーキなんかは脂質が多いし、鶏むね肉だって、唐揚げにしたり照り焼きにすれば、脂質がセットになってくる。鶏もも肉なんて、かなりの脂質が入っている。

 

そんな筋トレフリークの悩みをズバッと解決してくれたのが、テレビでも取り上げられ、一時期話題となったサラダチキンだ。

高タンパク・低脂肪・低カロリーなサラダチキンは、必然的にダイエットにも最適だということになる。

f:id:aksd55:20160227204827j:plain

 

サラダチキンは、セブンイレブンやローソンなどのコンビニで手軽にゲットできるというのも、頻繁に購入する身としては嬉しいかぎりだし、ヒットした要因のひとつだろう。街中のスーパーなんかでもさっと手に入れることができる。

 

驚くべきは、蒸した鶏むね肉を、コショウなどで味を整えたサラダチキンは、プロテインに匹敵するような栄養成分ということだ。これはほんとに目を見張るほどだ。

 

f:id:aksd55:20160227205209j:plain

 

タンパク質:23.2g

脂質:1.5g

エネルギー:108kcal

(100g当たり)

 

このタンパク質と脂質のバランスは、ほんとに素晴らしいの一言だ。

これだけの量のタンパク質を食事で摂ろうと思ったら、もっともっと脂身が乗ってくることがふつうだが、脂質1.5gという驚異的な低さに抑えられている。

(ちなみにプロテイン1回で、だいたい15g〜25gのタンパク質が摂れる)

 

僕は、筋トレ後はもちろん、ふだんの夕食にこいつをプラスアルファで食べたりしている。なんと1食で二袋食べている筋トレ仲間もいたりする(笑)。

 

僕はコンビニで手に入れることが多いが、とくにセブンイレブンのサラダチキンがいちばんお気に入りだ。1袋の値段は200円ちょっと。

コショウだけのシンプルな味の「プレーン」、レモンでさっぱりとした味付けの「シトラスレモン」、ほんのりハーブの香りがする「ハーブ」と、味も3種類ある。僕は「ハーブ」が好みだ。袋も開けやすい(なぜか「プレーン」と「シトラスレモン」は、ハサミを使わないと開けにくいパッケージになっている。未だに謎だ)。家以外(オフィスとか)で食べるときのことを考えたら、けっこう大事なポイントだ。

 

で、鶏むね肉って、脂身がぜんぜんないので、パサパサしてて、鶏モモ肉なんかに比べるとやっぱり味は美味しくないのだが、このサラダチキンは単体で食べても美味しい。ここもポイントが高いところだ。サラダに混ぜて食べたらもっと美味しい。

 

とくに女性なんかは、筋トレとかの運動はせずに、食事だけでダイエットをしている人も多いと思うが、このサラダチキンはダイエットメニューとしても抜群に優秀だ。これだけで1食分の食事にしてもいいぐらいだ。

 

これだけの高タンパク低脂肪・低カロリーなスーパーフードはなかなか見当たらないので、毎日の食事メニューのなかに組み込むべきだろう。少なくとも、バキバキのモテボディを目指している筋トレフリークにとっては、プロテインに比肩するマストアイテムになるはずだ。

 

マイクロダイエット