読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

筋トレ野郎

モテボディを目指して筋トレを始めて1年半が経過。日を追うごとに成果が現れてきた。

筋トレで肌がキレイになる?

僕は筋トレをはじめてから、ぐんぐんとバルクアップしているのだが、ほかにも筋トレの効果を実感している。

 

それは、肌がキレイになったということだ。

 

f:id:aksd55:20160225002514j:plain

(ちなみに、僕は35歳♂だ。あ、ヒゲは目をつぶってね。フォトショ加工とか一切してないからね(笑))

 

男のくせに、コイツなにを言ってるんだ?と思われるかもしれないが、これは紛れもない事実だし、男だって、ブツブツでカサカサの肌より、ツヤがあってハリのあるキレイな肌のほうがいいに決まっている。

 

とはいえ、僕はべつにふだんは肌のメンテナンスなんて一切やっていないし、メンズエステの類なんかにもまったく興味ないし、そんな肌のことを気にしているわけではないんだが、困ったことに、生まれながらにしてアトピー体質のため、肌が荒れるときはもうメチャクチャ酷い状態になる。皮膚科でアルメタやアンテベートとかの強めのステロイド外用薬なんかを処方してもらって、やっとのこと治したりする時期もある。そして乾燥肌のため、冬場はとくに肌の乾燥が辛かったりする(夏は夏で、汗疹で痒くなったりするんだが、、)。

 

だから、まあ肌がずいぶんと人より弱いわけだ。

 

かつては、巷で売られているような化学薬品をいろいろと試したこともあるが、やっぱりどれもこれも肌に合わないし、一時的に改善されることはあっても、長期的な効果を実感できたことは、ただの一度もなかった。悲しいほどに。

結局は、日々の入浴時、顔や体はオーガニックソープを使い、頭は弱酸性シャンプーを使って、できるだけソフトにやさしく洗う、ぐらいのケアだけ。どうしようもないぐらい肌の状態が酷くならないかぎりは、人間の自然治癒に頼っている。

 

でも、やっぱり毎年冬場は調子がよろしくない。波はあるけれど。

とくに去年はヤバいぐらい肌荒れが酷く、顔や頭がもう痒くて痒くて、 、皮膚からリンパ液が滲み出てジュクジュクになり(もうこれはかなり重度ね)、赤ら顔になって、ほんと人前に出るのもイヤになるぐらいだった。やむをえず、強力なステロイド薬の力を借りて、なんとかがんばって治した。

 

ところがだ。

 

その後、去年の春ごろからはじめた筋トレ。

 

そこから肌の調子が絶好調(!)なのだ。

 

それが筋トレのおかげ、だなんて、これっぽっちも思っていなかったのだが、毎年の鬼門である冬場がそろそろ終わろうとしている昨今、どうやら筋トレの効果なんじゃねえの??と感じ始めている次第だ。

 

もしかしたら、気のせいかもしれない。

複合的な要因だってもちろんあるだろう(とくにアレルギーって決定的な要因なんてないし)。

 

でもだ。

身をもって体感して思うのは、やっぱり少なくとも筋トレの結果による部分も大きい、ということだ。

 

ひとつは、成長ホルモンの分泌が活発になっていること。

通称、若返りホルモンというやつだ。筋トレをすると、これがドバドバと出る。ドバドバ出ると、血流が良くなり、新陳代謝がすこぶる良くなる。老化を遅らせ、脂肪の燃焼にもつながる。老廃物の排出も促す。肌に必要な水分を保ったりもしてくれる。

生粋の乾燥肌の僕が、それをこの冬はほとんど感じなかったことが、なによりの証拠だと言えるだろう。

 

ふたつめは、プロテインをはじめとして、タンパク質をモリモリ摂っていることによる恩恵だ。

ご存知のとおり、肌や髪、爪なんかは、おもにタンパク質で構成されている。日ごろから、良質なタンパク質を十分に摂取していれば、肌のツヤやハリにつながるのは当然だろう。ちなみに、僕の髪の毛はツヤツヤだ(なんかキモいな)。べつに自慢するつもりはさらさらないが。筋トレ効果を高めるために摂っているタンパク質が、美肌・美髪づくりにわりと貢献していたんだ。

 

す、すげえ、筋トレ。。。

 

こうして、僕はこの冬、筋トレの思いがけない効果を実感した。

肌への効果なんて、ぶっちゃけまったく期待していなかったし、微塵も考えていなかったが、モテボディを目指してはじめた筋トレが、こんな副次的効果をもたらしてくれたことに、正直おどろいている。よく考えたら、キレイな肌って、モテにもつながるよね?(笑)

 

でもこの肌だったり髪への効果って、むしろ女性のほうがうれしいはずだ。

(となると、女性こそ筋トレしたほうがいいんじゃないのか?)

 

こんな思わぬご褒美まである筋トレ、やっぱりはじめてよかったと、僕は心の底から感じている。ただ、これがはたして一時的なものなのかどうか、ある程度、長期的な観察も必要なので、自らが実験台となって、これからの経過をまたレポートしたいと思う。

 

マイクロダイエット